鏡視下バンカート修復術で脱臼する肩とおさらば!手術当日編

日常
スポンサーリンク

やっぱり片腕使えないのはかなり不便。。PCで打ち込むのにも一苦労で退院してから一週間経ってからの更新になってしまった。

いよいよ手術当日!

人生で初めての手術だから緊張&恐怖。朝からスマホで術後、痛みなどググってしまう始末…

昨夜の9時から食べ物禁止、そして手術当日の朝8時から飲み物も禁止に。朝看護師さんが来て腕に点滴を通す。結構太い針なのになかなか通らなくて痛かったw
手術の時間は大雑把に午後はじめになりそうとしか担当医に言われなかったからお昼過ぎくらいから準備を始めたんだけど全く呼ばれる気配がない。
おやつの時間3時を過ぎても全く音沙汰なく緊張感はなくなりもはやお腹は空いたし喉も乾いたしでそっちの方がつらかったかな。

16時過ぎにそろそろですと看護師さんに言われて紙パンツと手術着に着替えて手術室に移動。

手術室の前で最後の確認。麻酔の事やらなんやら。肩は一般的に痛みが強いから手術が終わってから神経ブロックを打てるとのこと。痛みが軽減できるならとお願いしといた。

そしていよいよ手術台へ。

映画とかドラマでしか見たことないやつ。仰向けで寝転んでいろんなところが縛られていく。そして照明がめっちゃまぶしい。この時が緊張のピークだったかな。、

マスクを口元に立てかけられて全身麻酔流していきますって言われたのが最後の記憶。本当に一瞬で眠っちゃうんだな。

次に目を覚ました時は担当医の手術終わりましたの声。どうやら時間は夜の7時半。1時間ちょっとで終わると思ってたけど3時間近く行っていたらしい。その時は全身麻酔の副作用でふわふわしていてよく覚えていない。

ベッドのまま病室に帰ってきた。なかなかに具合が悪い。乗り物酔いしてるような感覚。全身麻酔中は喉にチューブ入れるんだけど手術終わった後喉が痛くなって辛いと多く書かれていたけどそれはなかった。

寝転んでる分には大丈夫だけど起き上がったりすると吐き気と汗がやばい。こんな感覚初めてだ。トイレに行きたくて看護師さんと一緒に行ったけど本当にギリギリだった…

術後2時間ぐらいで意識ははっきり戻ってきた。痛み止めと点滴を継続的に入れてるので手術の痛みは全くない。空腹も重なって具合が悪い。それだけ。深夜にもトイレに行ったけど吐き気と冷や汗は改善されず。。とりあえず明日の朝まで寝てよくなっていることを願ってこの日は就寝。

日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hekiruchanをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました