鏡視下バンカート修復術で脱臼する肩とおさらば!退院編

Diary
スポンサーリンク

手術が終わった翌朝。

意外と夜中にフラフラでトイレに行った後は痛み止めがよく効いていたのかぐっすり眠れた。

左肩にいかついガーゼがしてある。寝転んでいる分には自撮り決めるくらい元気なんだけど起き上がるとやはり具合が悪い。

朝担当して下さった先生が診察に来てくれた。ガーゼを外して傷口を見てくれる。傷口は良好でキズも綺麗とのことで一安心。
吐き気の事を聞いたらどうやら点滴と一緒に流し込んでいる痛み止めが強いからその副作用じゃないかとのこと。確かに手術の痛みがほとんどないからそうとう強いんだろうと納得。
この後の朝食を6割以上食べれば点滴をはずしてくれることになった。

この朝食が人生で一番つらい朝食だったかもしれない。、どうしても点滴を外したいから食べたいんだけど起き上がると吐き気が。。。丸一日以上何も食べてないからお腹はペコペコで食欲しかないのに食が進まない地獄。一口ご飯を食べてはベッドに横になってを繰り返す。
30分くらいかけて何とか6割に到達、白米大好きマンなのに残してしまった…初めてかもしれない。

無事腕に繋がれた点滴を外せることに。

すごいね、外してちょっと経ったら立ち上がっても具合が悪くならなくなった。本当に原因は痛み止めだったみたい。

体調が良くなった瞬間動き回る人。このスリングで一か月左腕は固定。痛み止めも外したから痛みくるかなってちょっと心配したけど全然耐えられる痛み。
上手く言えないけど傷口が痛いというより肩の内部からくる痛みっていうのかな?筋肉痛の酷いバージョンみたいな痛み。

昨日1日食事を取れなかった反動からかコンビニで買い食いしてしまう。

夕食はもりもり完食して入院3日目が無事終了。この夜も良く眠れて手が固定されて不便だけど痛みは全然なくてよかった。ちなみに今回無料の病室が取れなくて(主に高齢者や生活保護の方が優先になるらしい)一泊7000円かかる部屋になったんだけど大部屋だし無料のところと違うところってテレビが無料で見れるってだけ。これで7000円ってなかなかだ(苦笑)しかも隣のおじいちゃんが毎晩夜中に騒ぎ出すっていうなかなかうるさい部屋だった笑

まあそんなことは置いといて翌日午前中に無事退院。

今回は高額医療費制度を使ったから病室の差額代だけ追加されて全部で12万弱。これからリハビリが大変だけど頑張ろう。

Diary
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hekiruchanをフォローする
スポンサーリンク
HekiWelt

コメント

タイトルとURLをコピーしました