世界一米の美味しい町のおにぎり屋さん『うおぬま倉友農園 おにぎり屋』に行ってきた

食べ物
スポンサーリンク

今回も新潟番外編。

前日の夜は越後湯沢駅構内にある『越後十日町 小嶋屋 越後湯沢店』でへぎそばを食べて大満足だった。

【新潟グルメ】越後十日町 小嶋屋 越後湯沢店で初へぎそばを堪能してきた
いつも東京の特に多摩地区の飲食店い行くことが多いんだけど今回は番外編。 たまたま新潟に行く用事がありちびっこ二人もいるから越後湯沢で一泊していくことになった。 冬はもちろんスキーで有名。GALAスキー場は聞いたことあるんじゃない...

越後湯沢のナスパニューオータニで一泊して迎えた朝。

南魚沼って言ったらやっぱり

日本人としてやっぱり世界一美味い南魚沼産のコシヒカリは食べておきたい!!

越後湯沢駅構内にも拳くらいの大きさの爆弾おにぎりが有名な「爆弾おにぎり 雪ん洞」があったけどせっかく車で来てることだし少し遠出することに。

そこで調べて見つけのが

うおぬま倉友農園 おにぎり屋

おにぎり屋界隈だとめちゃくちゃ有名店らしい。
コシヒカリの最高峰といわれてる’’塩沢産’’の米でおにぎりを握っているとのこと。芸能人も良く紹介するみたいでGWの時はおにぎり買うのに1時間半待ちとかだったらしい…恐ろしすぎる。。ネット情報ではおにぎりだけじゃなくカツカレーが絶品との事。最高の朝食を求めてホテルから10キロ以上あるけど行ってみることに。

10キロ以上って言っても都内の道とは違って田舎だからほとんど車もいなくてスイスイ。20分もしないで到着した。

外観

朝10時前に到着。少し並ぶのを覚悟していたけど駐車場も広く数人が外で食べてるくらいで空いていた。さすがにGW後の平日月曜日だとこんなもんなんだろう。

何かもっと古い建物をイメージ(失礼)していたんだけどめっちゃ綺麗だった。どうやら最近改装して外観きれいになったらしい。

看板の’’うまい米はここにあり’’っていう強気なメッセージが良い。噂のカツカレーも看板になってるくらいだから人気なんだろう。

メニュー

おにぎり数種類とカレー類、かつ丼、あとおにぎりの具が売っている。このメニュー看板の裏にカツカレー売り切れましたっていう紙が貼ってあったからやっぱり人気なんだね。

店内

ショーケースに入ったおにぎりの数々。おなか減りすぎて全部おいしそうに見える。。

少し小ぶりのおにぎりだけど値段はコンビニと変わらない。やはりシンプルに塩むすびをまず食べたい。

店内では塩沢産のコシヒカリも販売されてる。

とりあえずシンプルな塩おむすびと噂のカツカレーそして子供たち用に焼鮭おにぎりを注文。おにぎりはすぐ渡されたけどカツカレーは注文受けてから作っていたので5分くらい待ってきた。

料理

塩おむすび。

原材料名が米と塩だけ。なかなかここまでシンプルなものは見ないよね。

一口食べただけで今まで食べていた米と全然違うことは舌馬鹿な僕でも分かった。甘みが凄まじい。正直塩もいらないんじゃないかってくらい米に甘みがあって旨い。

子供たちもパクパク食べていたけどこれが普通のコメと思われたら困るな(笑)

コロナ禍だからテイクアウト容器に入ってるけど通常は皿に盛ってくれるみたい。

この最高の米で食べるんだから美味しくないわけが無いんだけど普通にカツとカレーも絶品だった。朝からカツとか食べると普段はもたれるのに全然大丈夫だった。

もうお腹パンパンで大満足な朝食だった。

最後に

新潟最高!!!

 

店舗情報

うおぬま倉友農園 おにぎり屋
住所:〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢435−1
営業時間
:9:00~17:00
定休日:12月31日・1月1日
電話番号:025-784-1188

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました