東白楽にある美味い家系ラーメン「とらきち家」

食べ物
スポンサーリンク

最近どこの町に行ってもある家系ラーメン。

でもどこも僕の知ってる家系ではない。っていうのも初めて行った家系ラーメンが総本山の吉村家だったから町中にある白色のとんこつスープの家系は全く別物だと思ってる。

やっぱ吉村家は美味いんだよな…

数年前はわざわざ吉村家を食いに行くためだけに横浜とか行ってた。当時から並びはあったけど回転率が速かったからそんな1時間も待つことはなかったしランチタイムとか夜の仕事帰りの時間とか外せば並ばずに入れることも多かった。

しかし…

最近は観光地かってくらいの行列でいつ行っても数十人並んでる。。せっかく食べに行ってもあまりの列に愕然としてさすがに並ぶ気にならなくて引き返すってことが数回続きそしてこの日、開店ダッシュを狙って開店30分前に行ったのにめっちゃならんでいてさすがに心折れたw

友達とどうする?って話し合ってもう吉村家はあきらめよう。近くの直系店舗でも行くかってなって今回の「とらきち家」に行くことに。

とらきち家があるのは東白楽

10年前くらいかな、昔友達が白楽に住んでいて遊びに行ったことがあるけどすごいいい町なんだよね。昔ながらの商店街があって趣深い店がたくさんある。神奈川大学があるから学生街でいい店が多い。

実はとらきち家は吉村家直系ではない、千葉県柏にある元直系の王道家系列のラーメン屋さん。王道家の店主さんのインタビューとか見ると破門されたなんて言ってたけど吉村家の枠を超えたオリジナルのラーメンを探求したいって気持ちがあったのかな?それで直系から外れるって道を選択したみたい。

直系でないにしろちゃんと吉村家の遺伝はあるわけだからそこらへんのフランチャイズ化した偽家系とは違うと思って店に行ってみた。

吉村家諦めて11時に横浜出たからとらきち家に着いたのがちょうど正午になってしまった。並びは思ったほどいなくて3人ほど。10分くらい待ったら入れた。

店内はカウンターのみだけど思ってたより広く10人以上は入れる。まず食券を買ってカウンターの上に乗せる王道スタイル。もちろん好みは固め、濃いめ。トッピングにキャベツ。そしてライス単品。

店主さんらしき人ともう一人男の人が厨房に入り口近くに女性の店員さんが一人。三人で営業してた。厨房の人見たことあるなって考えてたら以前吉村家で働いている人だった!すごく感じのいい人だから印象に残ってたんだよね。自然と期待が高まってしまう。

食券置いて10分もかからずラーメンが来た。

うまっそ!!色がいい!!!

見た目からこれぞ本物って感じ。トッピングのキャベツの盛りもいい!!

スープを一口。。。

求めていた本物の味がする!!

これだよこれ、求めていたのは。醤油のガツンとくる濃厚スープ。白く濁ったやつじゃなくて!!個人的には本家より濃くしょっぱく感じた。すごい好みのスープ。
濃いスープが染みたキャベツがまたうまい。海苔にスープしみこませてライスと一緒にもう最高です。

麺も食べてみるとこれは本家とは全然違った!それは直系じゃないから当たり前なんだけど王道家系のオリジナル麺みたい。小麦粉がめっちゃ詰まってるって感じの触感。二郎系まではいかないけどかなり噛み応えがある。いつも麺固めにしてるけどここまでしっかりした麺だったら普通か軟目にしておけばよかったと少し後悔したけどこれはこれで美味い。

吉村家と一緒かって言われたらもちろん別物なんだけど(特に麺が)個人的にはとらきち家は本物の家系をそんなに並ばずに味わえる最高の店だと感じた。

もっと近くにこういう店が欲しいよ。。また再訪したいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました