【川崎グルメ】チネチッタ近くの美味しい家系ラーメン『麺屋だるま家 川崎店』に行ってきた

Food
スポンサーリンク

本記事はこんな方におすすめ

川崎でご飯を探している
川崎でラーメンが食べたい
麺屋だるま川崎店が気になっている、知りたい

 

飲み会があるということでたぶん二年ぶりくらいになるだろう、川崎の地に降り立った。以前は川崎で働いていたから思い出の地。今住んでいる立川と川崎は似ているなんて言われることもあるけど川崎の方がやっぱりアングラ感が強くて緊張感があって個人的には好き。

飲み会まで時間があるのでよく行ってたラーメン屋さんで腹ごしらえしようと思って行ってきた。

スポンサーリンク

麺屋だるま家 川崎店

場所

川崎駅東口から徒歩10分かからないくらい。ほぼチネチッタ敷地内にお店がある。
コロナ禍もあってまだお店があるか心配だったけど無事やっていて安心した。19時ごろ行くと先客2名。昔からいつ行っても満員ってことに当たったことはなかった。並ばないですぐラーメンが食べれるってところも仕事の休憩中に来ていた身としては最高だった。
前は外にベンチと灰皿があってよく食後に休ませてもらってたけど流石に無くなってた笑

当時撮ったラーメンの写真を発掘してきた(なんでこんなに撮るの下手なんだろう。。)

一番食べていたラーメン。チャーシューが柔らかいのが特徴。ほうれん草、のり、チャーシューっていうのっているものは王道家系ラーメン。

味玉とチャーシューが増えた特製だるまラーメン。少しお値段が上がる。

これはだるま名物からしラーメンの写真。辛さが0倍から選べる。自分はいつも5倍でお願いしてたけどそれでも辛すぎてお腹をよく壊してったけ笑
辛いんだけどめちゃくちゃ癖になって特に冬に食べるからしラーメンは最高なんだよね。

他にもいろんなラーメンがあった。これは確か盛菜ラーメン。いわゆる二郎インスパイアだ。他にも味噌ラーメンなんかもあった。常連さん曰くだるまは味噌が一番美味いんだって言ってたのを思い出す。

サイドメニューで必ず頼んでたのがまかないメシ!
ご飯の上にチャーシュー、ネギ、キムチ、味玉がのっていてごま油をかけた最高の賄い!量も多いしめちゃくちゃ美味いんだ。

そんな思い出のだるま家だったがメニュー数はだいぶ減ったみたいで食券ボタンがスカスカになっていた。前は色々ありすぎて選ぶのも大変だったけど。まあ今の時代仕方がないことなんだけど値段もかなり上がっていた。当時はラーメン確か600円台で食べれたけど行った時は900円。ラーメン一杯1000円時代も近づいているな。なんかメニュー数が激減していたのと店員さんが知らない人だったので味も代わってしまっているのではないかと少し心配になったがとりあえずノーマルのラーメンを注文してみた。

卓上は当時と変わってない!水とコップ、そして調味料が置いてある。だるまで一番重要なものが辛ニラが入ってる壺。これをラーメンに入れると全く別物のラーメンに変身する。これを求めてだるまに来ている人も多いと思う。

最近はお店でちゃんと豚骨からスープを炊くお店が少なくなっていると聞く。そんな中だるま家はしっかり店炊きスープである。店で炊いてるのがわかる独特な豚骨の匂いが店中に漂ってるから一発でわかる。程なくしてラーメン到着!

味も見た目も当時のままだった!

この匂い!この味!このビジュアル!

全てがあの頃の思い出のままのラーメンだった!メニューなど色々変わっていて少し心配だったけど払拭された。

細いけどかみごたえのある麺がまた美味い。箸で持つだけでほろほろになってしまうチャーシューも懐かしい。スープも見た目よりあっさりの豚骨が効いてるスープ。ちなみに家系を名乗っているがあの吉村家の横浜家系ラーメンとは別物と考えた方がいい。家系と言われると?だけどこのだるまのラーメンは独特で癖になるんだ。飲み変え前であまり口が臭くなるのもアレだったので最後に味変で辛ニラを少し入れて味変。180度味が変わる!少し入れただけなのにめっちゃ辛くなってコクが出て最高だった。

最後に

6年ぶりに訪れた麺屋だるま家川崎店。メニュー数は減っていたがまかないメシも残っていてラーメンの味も変わってなくて思い出の味を食べれて本当によかった。家系?ではないと個人的に思うけどそこには独特な美味しいラーメンがある。ただそれだけ。また川崎に来た時には絶対に寄りたい。

店舗情報

麺屋だるま家 川崎店
住所:〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町14−20
営業時間:11:00~23:00

定休日:火曜日

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました