【二郎系ラーメン】元蓮爾登戸店主の独立店ラーメン ゼンゼン(ZENZEN)に行ってきました

Food
スポンサーリンク

こんにちは。へきるんです

学生時代、登戸の近くに住んでいてよく通っていたラーメン屋が蓮爾登戸店だった。

蓮爾と出会うまでは二郎とかインスパイア系を食べ漁ってたんだけどここのラーメンを初めて食べたときの衝撃は今でも忘れられない。大学の先輩が旨いラーメン屋連れてってやるよって一緒にいったっけ。先輩ありがとう

顎が疲れるほどの凶悪極太めん、濃厚なスープ、ラーメンをすする音だけが響き渡っている殺伐とした店内。全てが刺激的だった。多い時は週5で通っていた。1日限定数個の巻きチャーを求めて開店前から並んだこともあった。通いだしてからは年末恒例の限定メニューも毎年食べた。そんな学生時代の思い出のラーメン屋が「蓮爾」

学生時代が終わり登戸にも行くことが無くなり足が遠のいていたある日。蓮爾のTwitterを見てみると店主が独立すると。そして独立店は武蔵新城だと。その名も

「ラーメン ゼンゼン」

今住んでるところからめっちゃ近いじゃん!!

駅ちかとは言えないけど許容範囲内

蓮爾も駅から結構歩くしね。食前後の運動にちょうどいい。

めっちゃ興奮したね。開店当初は絶対混むだろうと見越して少し落ち着いてから行ってみた。

武蔵新城駅から歩くこと10分くらい平日木曜日の昼間11時半に行ってみると先客1名。ナンバー2をゲット!12時から開店なので30分ほど待つことに。開店前には10人ほどの列が。2番目なので1ロット目で入れました。入り口に食券機がありまずは食券を購入。蓮爾と違って豚ましなど食券で買えるのは楽でありがたい。
店内厨房には懐かしの体格の良い元蓮爾店主が。懐かしすぎて泣きそうになったよ(嘘)

そして待つこと10分ちょい、ついにラーメンが着丼!!!

おお、、蓮爾とは違った優しい見た目。味噌ラーメンのようなスープの色をしてる。

スープを飲んでみるととてもまろやか。さっぱりしすぎずしつこくもないちょうどいい優しい味。めんは確かに普通のラーメンに比べると太いけど蓮爾ほどボキボキバキバキではなく食べやすい!炙りチャーシューも噛み応え抜群でめちゃくちゃ美味しい。
初めての訪問ということでコールは普通。最後まで苦しくなることなく食べれた。

本当に美味しかったな。。。学生時代を思い出して少しセンチメンタルな気持ちに、、

早く再訪したい。

 

ラーメン ゼンゼン
住所:〒213-0014 神奈川県川崎市高津区新作5丁目13−2
営業時間
:【月~金】 11:00~14:00/17:30~21:00
【土】  11:00~15:00
定休日:日曜日
公式Twitterはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました