アルプスの少女ハイジの世界観を楽しめる山梨県北杜市「ハイジの村」

Diary
スポンサーリンク

夏休み帰省中、北杜市にあるハイジの村に行ってきた。

僕は存在自体知らなかったんだけどなぜか東京生まれの妻が知っていて行きたいということに。一時期結構話題になったらしく朝の情報番組とかでも特集が組まれていたらしい。まあ自分の生まれの県って意外に知らないことが多いよね。

本当に道あってるのかレベルの山道を越えてようやく到着。ちなみにハイジの村入り口の近くにあ明野のひまわり畑は激混みだった。

壮大なひまわり畑を横目にハイジの村に到着

 

こっちは日曜日だけど空いている

 

 

ヨーロッパ感が出ている階段

と思いきやとてもアメリカンな食べ物も推してる

入場料を払って早速入場

ヨーロッパの建物って絵になるよね。あまりの暑さにスイスに来た!とはならないけど少しは雰囲気を味わえる。

ハイジの村のメインは花などの植物。時期によっていろんな花が咲いている。館内でもいろんな種類の花の苗が販売されていて買って帰ることができる。

ハイジカー

特別展示でハイジのグッズ、キャラクターの紹介、相関図などが展示されていた。子供の頃に夕方ハイジのアニメが放送されていておじいちゃんの家で見ていたことを思い出した。内容はいまいち覚えていないんだけど。。

タワーの上から見下ろすとこんな感じ。

ハイジの村の口コミを見た時に老朽化で粗が見えるっていうことで低評価をつけている人がいたけど僕は逆にそこが好き。至る所に年季を感じられてハイジの村の歴史を感じる。テーマパークじゃなくて村なんだからこれでいいと個人的には思う。

ちょっと見頃は過ぎてしまったみたいでひまわりたちに元気はなかった。

ひまわり畑の奥には子供達歓喜の遊具広場

小さい子供にはなかなか難易度の高い遊具ばかりだたけど四歳児のうちの子たちは全力で遊んでいた。

昔は場内を走っていたであろう列車も今は廃車。味わい深くていい

この日もとても暑くて長時間外で遊んでられなかったので2時間もいなかったけど満喫できた。次来る時は花が綺麗に咲いていて涼しい時期に来たいな。そういえば家に帰って親父に話したら僕が小さい頃に家族でハイジの村に来ていたらしい。家族写真まで出てきた。建物なども今と変わらずで写っていてなんか嬉しかったな。子供の時に家族で来ていたところに時を経て自分の子供と来ているっていうのは感慨深い。また来よう。

行ったところ

ハイジの村
住所:〒408-0201 山梨県北杜市明野町 浅尾 2471
 HP:http://www.haiji-no-mura.com/index.html
Diary
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hekiruchanをフォローする
スポンサーリンク
HekiWelt

コメント

タイトルとURLをコピーしました