【Twins記録】無事結婚式が終わって恐怖のつわり期間へ

スポンサーリンク

妊娠がわかってから2週間後に結婚式を迎えた。妻はとりあえずお酒はやめておこうって話になり式場の関係者に妊娠したことを伝え妻のところにはお酒を出さないようにしてもらったけな。結婚式の当日に双子ってことを両親に伝えたらあんまり驚いてなかったw拍子抜けw

無事結婚式も終わってついに地獄の妊婦期間に入った。人それぞれ捉え方はあるだろうけどうちの夫婦はもうどっちもこの妊娠期間を味わいたくないって今でも思ってるw

定期検診はほとんど一緒についていったし仕事も結構融通利くところで帰りの時間も早いし飲み会に行くこともほぼなかったから個人的にはかなり上出来な夫(笑)だと自己満足してたんだけどそれだけで越えられないのがやっぱりつわり

妻曰く

ずっと永遠に船酔いしてる感じ

らしい。頭では理解できるんだけど自分が同じ感覚になれないからもちろん心配してるんだけどちょっとずれていっちゃうんだよね。。つわりの時期は理不尽なイライラをぶつけられるってよく聞いてたけどまさにその通り。理不尽すぎて意味わからないことしかなかったな。今思い出すだけでもイラついてくるwだけど仕方ないね。今は二人で笑って話せてるからまあいっかって感じだけど。

全妊娠中の妻を持つ夫に言う

耐えるのみ

まじでこの一言に尽きると思う。

耐えて耐えて耐えるしかない。うちの妻曰くつわりの時の記憶は辛すぎて約3年経った今でも薄れないと、だからすごく鮮明に覚えていてその時に優しくしてもらったり、ご飯を用意してくれたりしてくれてたことは今でも覚えてるし一生忘れないとのこと。これは結局出産してから2年後に聞いた言葉なんだけどなんか救われた。何年も経っていまだにそう言う時の旦那の愚痴をツイッターとかで書き込んでいる暇な妻たちはそう言うことなんだと思うwうちはそうならなくて良かったw

今でも記憶にあるのはキムチ鍋?かな、赤いスープの鍋を食べた晩のお風呂で妻が入ってたんだけどなんか様子がおかしいと思って開けてみたら風呂場一面赤く染まっていて殺人現場か!?ってくらいの光景でマジでびっくりしたっけな。ただ気持ち悪くなって吐いただけなんだけど結構強気な性格の妻が弱々しくごめんって言ったのが今でも覚えてる。その時ちゃんと守ってあげないとなって強く思った。
期間にして1ヶ月弱くらいだったかな。こう振り返るとあんまり長くないんだけどあの時は地獄のように長く感じたな。妻は俺に怒鳴れば良いけど俺は誰にも愚痴を吐き出せなかったから地獄だったな。さすがに妻を残して飲みにもいけないしストレスの吐き口がなかったのは確かだった。だけど今振り返ればたった1ヶ月。それくらい我慢できなくてどうするって今では思える。つわりが終わったあとは本当に楽しかったなwまた後日書こう。

子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hekiruchanをフォローする
スポンサーリンク
へきろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました